NIKKEI STYLE「囲碁・将棋」

ワールド碁チャンピオンシップ

2017年 3月21日(火)~23日(木)熱戦ライブ中継

日本、中国、韓国のトッププロ棋士に囲碁AIを加えた『ワールド碁チャンピオンシップ』が3月21日(火)~23日(木)にかけて開催されました。日本からは井山裕太王座、中国から羋昱廷(ミ・イクテイ)九段、韓国から朴廷桓(パク・ジョンファン)九段、囲碁AIはDeepZenGoが参加。全ての対局はライブ中継されました。熱戦の模様は棋譜再現でご覧いただけます。

 DeepZenGo芈昱廷九段朴廷桓九段井山裕太王座勝ち数順位
DeepZenGo 13位
芈昱廷九段 22位
朴廷桓九段 31位
井山裕太王座 04位

3月23日(木)の棋譜再現

黒 番 白 番 結 果ライブ中継
DeepZenGo

朴廷桓九段
井山裕太
王座
井山裕太王座
235手完
DeepZenGoの
黒番中押し勝ち
[ 消費時間 ]
DeepZenGo:2時間8分
井山王座:2時間58分

手順のみ

解説付き

解説:村川大介八段

芈昱廷
九段
芈昱廷九段
朴廷桓
九段
DeepZenGo
190手完
朴九段の
白番中押し勝ち
[ 消費時間 ]
芈九段:2時間15分
朴九段:2時間56分

手順のみ

解説付き

解説:瀬戸大樹八段

※持ち時間各3時間、黒番6目半コミ出し

・棋譜再現欄の青いボタンを押すとライブ中継・棋譜再現をご覧いただけます。棋譜画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。
ライブ中継が初めての方はこちら →

3月22日(水)の棋譜再現

黒 番 白 番 結 果棋譜再現
井山裕太
王座
井山裕太王座
芈昱廷
九段
芈昱廷九段
286手完
芈九段の
白番2目半勝ち
[ 消費時間 ]
井山王座:2時間59分
芈九段:2時間59分

手順のみ

解説付き

解説:山田規三生九段

朴廷桓
九段
DeepZenGo
DeepZenGo

朴廷桓九段
347手完
朴九段の
黒番中押し勝ち
[ 消費時間 ]
朴九段:2時間59分
DeepZenGo:2時間44分

手順のみ

解説付き

解説:結城聡九段

※持ち時間各3時間、黒番6目半コミ出し

3月21日(火)の棋譜再現

黒 番 白 番 結 果棋譜再現
朴廷桓
九段
DeepZenGo
井山裕太
王座
井山裕太王座
207手完
朴九段の
黒番中押し勝ち
[ 消費時間 ]
朴九段:2時間59分
井山王座:2時間59分

手順のみ

解説付き

解説:村川大介八段

芈昱廷
九段
芈昱廷九段
DeepZenGo

朴廷桓九段
283手完
芈九段の
黒番中押し勝ち
[ 消費時間 ]
芈九段:2時間55分
DeepZenGo:2時間33分

手順のみ

解説付き

解説:坂井秀至八段

※持ち時間各3時間、黒番6目半コミ出し

出場棋士

3回戦 井山裕太王座 - DeepZenGo

閉じる

3回戦 芈昱廷九段 - 朴廷桓九段

閉じる

2回戦 井山裕太王座 - 芈昱廷九段

閉じる

2回戦 朴廷桓九段 - DeepZenGo

閉じる

1回戦 井山裕太王座 - 朴廷桓九段

閉じる

1回戦 芈昱廷九段 - DeepZenGo

閉じる

日本代表

井山裕太
(いやま・ゆうた、Iyama Yuta)
1989年5月24日生まれ。大阪府東大阪市出身。石井邦夫九段門下。2002年入段。05年全日本早碁オープン戦で史上最年少優勝。13年テレビアジア選手権優勝。16年4月に十段を獲得し、王座、棋聖、名人、本因坊、天元、碁聖と合わせて七冠達成。

閉じる

中国代表

芈昱廷
(ミ・イクテイ、Mi YuTing)
1996年1月8日生まれ。中国江蘇省徐州市出身。鉄道関係に勤める父の影響で、4歳で囲碁を覚える。北京の馬暁春九段の道場で修業し、2007年入段。13年、世界戦の夢百合杯優勝で九段。16年中国竜星戦優勝。現在、上海財経大に在籍。

芈昱廷九段

閉じる

韓国代表

朴廷桓
(パク・ジョンファン、Park Jeong Hwan)
1993年1月11日生まれ。韓国ソウル市出身。権甲龍八段門下。5歳で囲碁を始め、2006年に13歳で入段。10年アジア競技大会男子団体戦・ペア戦の金メダルで九段。11年、世界戦の富士通杯を18歳で最年少優勝。15年LG杯優勝。韓国ランキング40カ月連続トップの第一人者。

閉じる

AI代表

DeepZenGo
(ディープゼンゴ)
代表の加藤英樹氏やプログラマーの尾島陽児氏が開発チームを結成。プロ棋士との対局では2009年に7子局で敗北、16年3月に3子局で勝った。同月ドワンゴの後押しで強化プロジェクト始動。11月に趙治勲名誉名人に互先で1勝2敗。市販ソフト「天頂の囲碁」シリーズの思考エンジン。

閉じる

ライブ中継・観戦記 解説棋士

ライブ中継

大会概要

大会名称ワールド碁チャンピオンシップ
主催公益財団法人 日本棋院  (特別協力 日本経済新聞社)
協賛株式会社NTTドコモ、三井住友カード株式会社、大和証券グループ、阪急電鉄株式会社
特別後援株式会社囲碁将棋チャンネル
協力株式会社阪急阪神ホテルズ、日本航空株式会社、株式会社ドワンゴ
開催期間2017年3月21日(火)~23日(木)(プレーオフの場合は24日(金)開催)

スケジュール

3月21日(火)10:30~第1回戦
3月22日(水)10:30~第2回戦
3月23日(木)10:30~第3回戦
3月24日(金) プレーオフ予備日

競技内容

対戦形式 総当りリーグ3回戦で、持ち時間3時間、残り5分から秒読み
勝数同数の場合はプレーオフ(優勝決定戦)を実施
対局開始は午前10時30分、休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ
総互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール
賞金賞金総額 5,000万円
優勝 3,000万円 ※日本経済新聞社賞含む / 準優勝 1,000万円 / 3位・4位 500万円

お問い合わせ

●ライブ中継、観戦用ソフトに関するお問い合わせ…
『NIKKEI 碁楽室』 提携先 パンダネットサポートセンター
0120-17-1536 (受付時間・平日・土曜 10:00~12:00/13:30~17:00)

●ホームページの入力フォームでのお問い合わせ…
→ここをクリックして表示されるページに記入してください

このサイトについて

日本経済新聞社について